TokenNews - Blockchain information

DACSEE from Malaysia: Making ride-hailing social and trustworthy ② -UPDATE 

[:en]- CRYPTOCURRENCY SATELLITE

Ride-sharing as public transport is steadily becoming a new norm. Well-known and new ride-sharing apps are readily available on both Android and iOS platforms, giving anyone access to have a ride right at their doorstep at the tap of a finger. But where ride-sharing often misses the mark is the relationship between its three stakeholders; the drivers, the customers and the company.
Today we profile Lim Chiew Shan, the Founder and CEO of Dacsee Co., Ltd. He has 18 years of experience in the IT industry where he focuses on Customer Relationship Management and went on to establish Incredible QR, a mobile apps company.
Shan now spearheads the drive and passion towards an economic sharing utilizing mobile apps with his latest creation, the DACSEE platform which stands for Decentralized Alternative Cabs Serving & Empowering Everyone.
 
Q1. Can you share your story and how you come to start the ‘DACSEE platform’?
We learned about decentralisation model and blockchain technology over the last 1.5 years and together with a few of our co-founders and myself who are mainly from the enterprise world, we thought it will be great to put up self sustainable business model which is almost non-existent. We started exploring industries that should be innovated while matching it to our individual experiences, resources that we have and weighing on the global issues that we learned from the exploration.
Q2: What kinds of problems do you wish to change in current ride-sharing services through the ‘DACSEE platform’?
DACSEE aims to create a truly sustainable social ride sharing platform – in fact we’re positioned to disrupt the disruptor in many ways. In many countries such as Malaysia, fares have remained stagnant for many years and drivers have struggled to make an honest living as the cost of living continues to rise. The new DACSEE mobile app will now be beneficial to the wider community by:

  • Eliminating middlemen fee and giving it back to the community: Whereas current ride-hailing platforms take their commission to pay for overhead and shareholders, DACSEE’s peer-to-peer system redistributes its platform commission to the drivers, passengers, and local authorities that collectively make-up the DACSEE platform via its Circle of Friends Pool;
  • Empowering the community via the ‘Circle of Friends’ Pool: All commission taken from a DACSEE fare will be deposited in this collective pool and then redistributed to stakeholders according to the following four metrics including community ranking, length of time on platform, number of rides taken or given on platform, size of ‘Circle of Friends’;
  • Enabling simple and convenient payment: Passengers may choose to pay with the same token or any other traditional fiat method;
  • Making transactions transparent and visible: Built using blockchain technology, information is recorded clearly for all stakeholders including drivers, passengers and authorities;
  • Fostering local and government partnerships: The DACSEE platform believes in developing strong partnerships and only operates in jurisdictions where it is welcomed to do so in partnership with local government.


Q3: You describe the platform as being ‘by the community, for the community.’ Why is that?
DACSEE is designed to empower drivers in the platform to be able to secure their daily bread and butter  while organically building their long term recurring revenue. In many countries such as Malaysia, fares have remained stagnant for many years and drivers have struggled to make an honest living as the cost of living continues to rise. As a peer-to-peer system, DACSEE aims to truly encourage community engagement and foster connections. Because there is no middleman, drivers and passengers perform as many tasks within the platform as possible.
An example of this is the verification process of new drivers. A new driver’s credentials are vetted by a fellow driver before they are sent to local authorities for final approval. As drivers verify and recruit new drivers to the DACSEE network, they will be granted a permanent recurring bonus from them and add them to their community network.
Upon a driver’s retirement, they could also consider to pass on, and extend their DACSEE credentials and ‘Circle of Friends’ network to their next generation and operate it as a ‘family business’. Such innovative platform has never been implemented in existing sharing economy landscape, making DACSEE a truly sustainable and empowering business model.
Q4. How do you encourage local community to embrace blockchain technology?
In the 2.5 months since driver recruitment began, over 30,000 drivers have already signed up with DACSEE’s driver network in markets such as Thailand, Malaysia, and Indonesia.
The most important continuous task for DACSEE is to educate and build communities to understand the true underlying value of decentralization and the impact it can bring to the community. We’ve held a number of community meetups around in key Southeast Asian cities such as Kuala Lumpur, Bangkok and Indonesia. During these meetups, we found out that the local communities were very curious and particularly interested in the P2P platform where they could earn additional participation pool bonus after learning the profit generated from the platform won’t be used to pay overhead costs and investors.
Conclusion
The DACSEE mobile application utilized blockchain and decentralization to create a platform that is driver-centric, authority friendly, and provides passengers with the best user experience possible.
DACSEE currently has offices in Kuala Lumpur, Bangkok, Jakarta, Shanghai and Seoul. DACSEE’s first launch is in Malaysia. To date, DACSEE has successfully raised over 25 million USD from its private and public sales, the latter which was launched in December 2017.[:ja]ー仮想通貨サテライト

公共交通機関としてのライドシェアリングは着実にスタンダードなモデルになっています。 AndroidプラットフォームとiOSプラットフォームの両方で、新しいライドシェアリングが利用でき、誰でも指先一つで運転席にアクセスできます。しかし、ライドシェアリングがしばしば見落とす点は、3つのステークホルダー間の関係です。ドライバー、顧客、そして会社です。
今日、私たちは、Dacsee Co. Ltd.の創設者兼CEOであるLim Chiew Shan氏を紹介します。 彼は、IT業界で18年の経験を持ち、カスタマーリレーションシップマネジメントに注力し、モバイルアプリ企業であるIncredible QRを設立しました。
現在、Shan氏はエコノミーシェアに対して動機と情熱を注ぎ、先導する彼の最新作であるモバイルアプリを利用したDACSEEプラットフォームの先頭に立っています。これは、分散型代替タクシーサービスを提供し、誰にとっても力を発揮します。

Q1. DACSEEプラットフォームはどう始めればよいですか?

主に企業の世界に拠点を置く同創業者と共に私自身は、過去1年半にわたり地方分権化モデルとブロックチェーン技術について学びました。我々は、まだほとんど存在していない自己持続可能なビジネスモデルを立てることは素晴らしいことだと考えました。私たちは、革新すべき産業を、私たちの個人的な経験、私たちが持っている資源、地球規模の問題に照らし合わせながら探求し始めました。

Q2: 現在のライドシェアリングサービスで「DACSEEプラットフォーム」を使ってどのような問題を解決したいですか?

DACSEEは、真に持続可能な社会移転プラットフォームをさまざまな形で創造することを目指しています。マレーシアのような多くの国では、運賃は長年にわたり停滞しており、運転手は生計費が上昇し続ける中でまともな生活を送るために苦労しています。新しいDACSEEモバイルアプリは、次のように広くコミュニティに役立ちます。
中間手数料を取り除き、それをコミュニティに返す:DACSEEのP2Pシステムは、サークル・オブ・フレンズプールを通じてDACSEEプラットフォームをまとめて構成するドライバー、乗客、地方自治体にプラットフォームを再配布します。
「サークル・オブ・フレンズ」プールを通じて地域社会に力を与える:DACSEE運賃から取られたすべての手数料は、この集合プールに入金され、次に、以下の4つの基準に従ってステークホルダー:上記でこう訳されていたに再配分されます。コミュニティランキング、プラットフォームの滞在時間、プラットフォームでの乗車数、サークル・オブ・フレンズのサイズが上記に含まれます。
シンプルで便利な支払い:乗客は同じトークンまたは他の従来の方法で支払うことを選択することができます。
取引を透明化し可視化する: ブロックチェーン技術を使用して構築された情報は、運転手、乗客、および当局を含むすべての利害関係者のために記録されます。
地方自治体と政府のパートナーシップの育成:DACSEEプラットフォームは、地方自治体と提携して、パートナーシップを実施することを歓迎している地域でのパートナーシップと実施を展開させることを考えています。

Q3: あなたはプラットフォームを「コミュニティのために、コミュニティが利用するために」と表現していますが それはなぜですか?

DACSEEは、長期的に生活費を賄えることができるように、プラットフォーム内のドライバーに収益を与えるように設計されています。マレーシアのような多くの国では、運賃は長年にわたり停滞しており、運転手は生計費が上昇し続ける中でまともな生活を送るために苦労しています。ピアツーピアシステムとして、DACSEEはコミュニティの関与を歓迎し、つながりを促進することを目指しています。仲介者がいないため、運転手と乗客はプラットフォーム内でできるだけ多くのタスクを実行する必要があります。
その一例は、新しいドライバーの検証プロセスです。プラットフォームに参加するためのドライバーライセンスは、当局に送られる前に最終承認のため、仲間の運転手によって審査されます。問題がなければDACSEEネットワークに参加し、確認が取れるとそれらのドライバーから永続的な定期的なボーナスが与えられ、コミュニティネットワークに追加されます。
運転手の退職に伴い、DACSEE資格と「サークル・オブ・フレンズ」を次世代に引き継ぎ、「家族経営」として運営することができました。このような革新的なプラットフォームは、既存のシェアリングエコノミー環境では実現されておらず、DACSEEは持続可能なビジネスモデルとなっています。

Q4. ブロックチェーンの技術を地域のコミュニティに奨励するにはどうすればよいですか?

ドライバーの募集開始から2ヶ月半の間に、タイ、マレーシア、インドネシアなどの市場でDACSEEのドライバーネットワークに3万人以上のドライバーがサインアップしました。
DACSEEにとって最も重要な継続的な課題は、分権化の真の根本的な価値とそれが地域社会に与える影響を理解するためのコミュニティを教育し、構築することです。クアラルンプール、バンコク、インドネシアなどの東南アジアの都市でミートアップを開催してきました。これらのミートアップでは、地元のコミュニティは非常に興味を示し、特に追加のプールへの参加ボーナスを稼げるP2Pプラットフォームに関心があり、プラットフォームから作られた利益は間接費や投資家の支払いに使用されないとわかりました。

まとめ

DACSEEモバイルアプリケーションは、ブロックチェーンおよび分散化を利用して、ドライバー中心の、権威に優しいプラットフォームを作成し、乗客に最高のユーザーエクスペリエンスを提供します。
DACSEEは現在、クアラルンプール、バンコク、ジャカルタ、上海、ソウルにオフィスを構えています。 DACSEEの最初のローンチはマレーシアです。 現在までに、DACSEEは、プライベートセールおよびパブリックセールから2500万ドル以上を調達することに成功しており、後者は2017年12月に開始されました。[:]

default1

FOLLOW US ON SOCIAL MEDIA