TokenNews - Blockchain information

19 Billions JPY Worth of Ether is Frozen in Parity Wallet

[:ja]パリティーテクノロジーズによると、同社が開発した「マルチシグ・ウォレット」にハッキングの不具合が見つかり、多額のイーサリアムが凍結しているとブログにて発表しました。

同社のブログでは、11月13日までに587のウォレットの中身が動かせなくなっていることを明らかにした。凍結額は51万3774 ETH(約が190億円)があります。現在のところ資金は影響を受けず、ウォレットに残っているとしています。
根本的な対策としてイーサリアムのユーザ間ではハードフォークが起こる可能性があるのではないかと想定しています。
パリティーウォレットの状態を確認したい場合は、このウェブサイトをご覧ください。
何か質問がある場合は、community@parity.io へメールでお問い合わせください。

原文:パリティーテクノロジーズの公式ブログ[:en]According to Parity Technologies,  an anonymous user managed to gain access to the smart contract in the multi-sig wallet and effectively made himself the owner of the contract in early November. As a result, the Ether in the multi-sig wallets are frozen.


Parity Technologies stated in its blog, 587 wallets is affected but the funds remain in the wallets up to November 13. The frozen amount is 513,774.16 Ether (equivalent to 19 Billions JPY approx.).

To check the status of your Parity Wallet, please visit this website.
You can also email to community@parity.io for any inquiries.

Source:Parity Technologies Official Blog[:]

FOLLOW US ON SOCIAL MEDIA