TokenNews - Blockchain information

About ZILLA

[:ja]HP:https://zla.io/
Whitepaper:https://zla.io/assets/landingpage/docs/ZILLA_White_Paper_ja.pdf

ICO情報

企業・組織名 ZLA PTE LTD プロジェクト名 ZILLA
ICO開始 2017年10月 ICO終了予定日 2017年12月
資金調達目標額 15,000,000 USD 価格 500 ZLA / ETH

ZLAの購入にご興味がある方は以下のリンクからご確認ください。

ZILLAについて

ZILLAのコンセプト

ZILLAは、誰でも簡単にICOに参加できるようなICO購入プラットフォームを提供するというビジョンを掲げています。暗号通貨に関心のある人が、一定の事前審査を通過した様々なICO案件に、簡単かつ安心して参加できるゲートウェイとなります。同時に、企業側がより効率的にICOに参加出来るよう手助けします。
現在、競合するICO案件を統一された1つのプラットフォームで把握、比較できるようなサービスはありません。

ZILLAは危険なICOからの自己防衛手段となるのか

今後ICOに参加しようとする人は、参加を決断する前にまずそれぞれのICOプロジェクトの実態や将来性を把握する必要があります。また、プロジェクトチームの経歴や資質を調査したり、そのチームがどのようなサービスを提供しようとしているのかを正確に理解する必要があります。現在問題視されているICOに関する詐欺や悪徳商法などの存在は、今後のICO業界の信用を失くす可能性があります。多数のプロジェクトについて、それぞれの内容を熟知し精査するにはかなりの時間を要しそのような煩雑なプロセスによって人々のICO参加への興味関心は薄れていってしまうでしょう。

ZILLAによってICOに参加しやすくなる理由

ZILLAは、統一された1つのプラットフォームで全てのICO案件の情報が閲覧・把握できる事を可能にしました。E-TRADEやAnt Financialのようなプラットフォームが、株式市場を身近なものにしたことや、AlibabaやAmazonがオンラインショッピングを手軽にしたことと同様に、 ZILLAはシンプルなアプリを通して、ICO参加を身近なものにします。アプリユーザーには、一定の審査を通過したICO案件の一覧表を提供します。同時に、参加者がそれぞれのICO案件に関する十分な情報と知識を得た上で意思決定が出来るよう、充実した情報提供を行います。また意思決定された後は、ワンタッチでそのICO案件に参加する事ができます。

トークンの機能

トークンの機能は2つあります。

  • ZLAトークン保有者は、ZLA Pte Ltd.によって報酬が配分される機能。
  • ZLAトークン保有者が、ZILLAプラットフォームを通じてICOする場合、保有するZLAトークン毎に、100USDの割引が適用され、合計手数料の最大50%の割引が可能 (ICOで調達した合計額の1%)となる機能。

メンバーの実績


Abasa Phillips (CEO)
創業者 – ZILLA、PRIMO、Pegapay、PaySafe 日本エリア統括長 2011年からビットコイン事業に携わる、決済業界および暗号通貨のベテラン。Neovia(現 Paysafe)の日本エリア統括長として経験を積み、その後ブロックチェーン型のデジタルウォ レットPEGAPAY、決済/マーケットプレイス・プラットフォームPRIMOを経て、 現在はICOマー ケットプレイスZILLAを共同設立中。 英語、日本語、中国語の3ヶ国語を話し、監督機関等と 戦略的に問題点を解決する能力に非常に長ける。

Tanvir Shahid
ブロックチェーン開発者 – PRIMO CTO 13年間ソフトウェアエンジニアとしてキャリア形成。 リアルタイム式製品推奨機会学習エンジンをはじめ、バックエンドでチーム管理をする複雑なプラットフォームを数多く構築。彼自身、特に2016年からブロックチェーン分野の更なる可能性を感じている。
Michael Montague ブロックチェーン開発者 – Pegapay共同設立者 Rockstar GamesとActivisionのゲーム開発者として東京でキャリアをスタート。 2012年以来、ブロックチェーン上でのアプリケーション開発に従事。自身の暗号専門知識をもって、ICO をすべての人に安全かつアクセス可能にすることが彼のミッション。
Harsh Patel VC – GGC Partner AUM2億ユーロのテクノロジー企業で先駆的なファイナンス・ソリューション・プロバイダー であるGlobal Growth Capital (GGC)のパートナー。GGC設立前は、Rocket Internetの Fintech Groupを牽引。 以前は、テクノロジービジネスへの投資40億ドル以上を誇る世界的な クレジット投資会社である非米国事業Victory Park Capital(VPC)を牽引。 VPCの前は、ア ブダビ投資委員会で100億ドルの投資ポートフォリオに共同出資し、特にベンチャー・デット やストラクチャード・ファイナンスなどの特異事例を専門とする。
Kal Gabriel ヘッジファンド プリンシパル 現在、AYAL Capital(トロントに本拠を構える投資会社)のプリンシパルと米国技術部門責任者 を兼任。 以前は、アブダビ政府の投資拠点であるアブダビ投資委員会に対して、総額100億ド ルのベンチャーキャピタル、グロース・エクイティ、および公開株式ポートフォリオを共同管理。 2016年にはプライベート・エクイティ・スポンサーの財政支援を受けて、再生可能エネルギー 開発のArevia Powerを共同設立。1999年にはDear Kalmanを執筆し、William Morrow社か ら出版。ブロックチェーン分野のエンジェル投資家兼アドバイザー。

Zillaの競合優位性

ZILLAに類似するプロジェクトしては「Lykke」「Starbase」「BitcoinSuisse」「ICOAGE」がありますが、ZILLAは直接的な競合とは考えておらず、むしろこれらのサービスを補完するものと考えています。重点的に取り組んでいるのは、消費者目線のアプリ、及びデスクトップ上でICOを発見、購買するためのプラットフォームです。このセクターにおける他サービスと違い、ZILLAのサービスを利用すると、ICO参加者は、1タッチで本人確認情報を簡単に管理でき、多くのICOに関する審査済みの精査された情報を比較することかが出来ます。また、多言語対応のアプリやデスクトップサービスを用意しており、それらを使うことで、暗号通貨マーケットを、素早く理解することが出来ます。

まとめ

ZILLAは、資金調達を民主化し、より多くの流動性のある資金をより多くの人に提供する事を目指しています。ZILLAは前進を続け、経済発展の一助となるでしょう。暗号通貨経済において極めて重要となるのは、ICOそのものだと考えます。ICOは現在多くの人々にとって参加しやすいものではありません。一部の詐欺や悪徳商法などがこのサービスを悪用していたり、また経営に問題のある企業がこのセクター全体を弱体化させているのが現状です。ICOの安全性や正当性を監視する中央当局のような機関も今のところ存在しません。ZILLAの目的は、ICOによる資金調達手段により、経済活動をより身近なものとし、クラウド上でのプロジェクト審査を可能にすることです。ZILLA・プラットフォームは、一定の事前審査を通過したプロジェクトのみを選んでリスト化し、テクノロジーに疎いユーザーでもトークンを使った経済活動になるべく気軽に参加出来るようにする事です。トークンの購入はオンラインショッピングと同じくらい手軽なものとなり、新しい資産クラスへのアクセスの道標となるでしょう。[:en]HP:https://zla.io/
Whitepaper:https://zla.io/assets/landingpage/docs/ZILLA_White_Paper_ja.pdf

ICO information

Company/Organization ZLA PTE LTD Project ZILLA
ICO start 2017.10 ICO end 2017.12
Target 15,000,000 USD Price 500 ZLA / ETH

If you are interested in purchasing ZLA please check the link below.

About ZILLA

Concept of ZILLA

ZILLA shares the common vision to create an ICO purchasing platform. ZILLA will act as a gateway for Crypto enthusiasts to easily and safely participate in various vetted ICOs, while also allowing companies to do an ICO more effectively. With more than 1500 ongoing ICOs and counting, it is becoming overwhelming for buyers to keep track, compare, and verify various ICOs. Moreover, the ever growing complexity of the ICO environment for new, would-be crypto enthusiasts is both astounding and paralyzing. No simple consumer-friendly and intuitive platform exists that enables participants to conveniently grasp and compare competing ICOs.

Can ZILLA be self defensive method from fraudulent ICO?

There is no central authority or institution (by design) that is a reference point for new crypto enthusiasts. The discovery of new ICOs remains a challenge. Before the decision is made to participate in an ICO, potential participants must painstakingly learn about how proposed projects will work, investigate the backgrounds and qualifications of the team behind the projects, and understand exactly what they are purchasing. The risk of scams and fake crowdsales undermine the credibility of the sector, and the process of completing KYC requirements for multiple projects is time-consuming. These issues reduce the amount of attention each ICO gets, and as the number of ICOs increases, maximizing exposure for quality ICOs becomes more important.

Why ZILLA makes it easier to join ICO

ZILLA makes the entire process simpler, by providing a unified marketplace for ICO crowdsales. In the same way platforms like Etrade and Ant Financial made the stock market more accessible to the general public, or Alibaba and Amazon make it easy to buy products online, ZILLA brings ICO token crowdsales to regular users in the form of one simple app. Users are presented with a comprehensive list of properly-vetted ICO projects, together with all the information needed to make an informed decision about which projects to participate in. Once a decision has been made, users can participate in their chosen project with a single click.

Function of token

There are two functions to the token.

  • ZLA owner will be paid by ZLA Pte Ltd.
  • If ZLA owner is to conduct ICO through ZILLA platform, 100USD will be discounted for each ZLA token, up to 50% of the fee (1% of the raising fund)

Members


Abasa Phillips (CEO)
Abasa is a payment industry and cryptocurrency veteran that has been involved in bitcoin since 2011. He was the Japan Country Manager for Neovia (now Paysafe), and then went on to cofound blockchain based digital wallet PEGAPAY, payment/marketplace platform PRIMO, and Copyright 2017 @ [ZLA PTE LTD] PR@ZLA.IO 3 now ICO marketplace ZILLA. He speaks English, Japanese, and Chinese and is very skilled at working with regulators to strategically overcome regulatory pitfalls.

Tanvir Shahid
– Blockchain Developer – PRIMO CTO
Tanvir has worked as a software engineer for 13 years. He has built real-time machine learning recommendation engines, and many complex back end team management platforms. He has been a blockchain enthusiast since 2016.
Michael Montague
– Blockchain Developer – Pegapay Cofounder
Michael started his career as a game developer in Tokyo for Rockstar Games and Activision. He has been developing applications on the blockchain since 2012. He is on a mission to use his crypto expertise to make ICOs safe and accessible to everyone.
Harsh Patel
– VC – GGC Partner
Harsh is a Partner at Global Growth Capital (GGC), a pioneering financing solutions provider to technology companies with an AUM of €200m. Prior to founding Global Growth Capital, he headed up Rocket Internet’s Fintech Group. He previously lead the non-US business for Victory Park Capital (VPC), a leading global credit investor in technology businesses with over $4 billion of investments. Prior to joining VPC, Harsh co-headed a $10bn investment portfolio at Abu Dhabi Investment Council with a focus on special situations including venture debt and structured finance.
Kal Gabriel
-Hedge Fund Principal
Kal is currently a Principal and the U.S. Technology Sector Head at AYAL Capital, a Torontobased investment firm. Previously, Gabriel co-managed a $10bn venture capital, growth equity, and public equity portfolio for Abu Dhabi Investment Council, an investment arm of the government of Abu Dhabi. Gabriel co-founded Arevia Power in 2016, a renewables developer, with financial backing from a private equity sponsor. He authored Dear Kalman in 1999, published by William Morrow. Gabriel is an angel investor and advisor in the blockchain space.

Zilla Competitive Advantage

Although Lykke, Starbase, BitcoinSuisse, or ICOAGE have some similarity to ZILLA, it is complementary to their services. ZILLA is focusing on a consumer-friendly app. As opposed to the other service providers in the sector, it offers ICO participation with one click, manage KYC information easily and compare crowd-vetted and structured ICO information of a plethora of crypto markets.

Summary

ZILLA democratizes access to capital and provides greater liquidity to the masses. It enables progress and economic development. One crucial part of the cryptocurrency economy are ICOs. They are currently not accessible to the majority of the population. It is cumbersome to participate in them, and poorly managed entities as well as outright scams are undermining the entire sector. There is no central authority (by design) that provides any safety or legitimacy. ZILLA aims to make the Token Crowdsale economy more accessible and crowd-vetted. The ZILLA platform will only list pre-vetted projects, and will enable less technological savvy users to participate in the token economy. Buying tokens should be as easy as shopping online, and one push token purchase system will democratize the access to a new class of assets.[:]

tokennews

FOLLOW US ON SOCIAL MEDIA